沼津市のマンションで既存防水の劣化により、防水工事を行いました。


施工前屋上
シート貼
下処理
沼津市のマンションで既存のシート防水が劣化しており、
シートの浮きや継ぎ目の剥がれ、シートの下への雨水の侵入などがあり、
いつ雨漏りしてもおかしくない状況になっているので、防水工事を行いました。

まずは既存のシート防水の撤去からになります。
マンションの屋上ということで、撤去するのにも
作業人数を増やして撤去しました。

撤去をしてみると、やはりシート防水の下に
雨水が入っている個所が数多く確認できました。
乾燥させて、ケレン清掃をし、まずはクラックなどの下地処理をします。

雨水を含んている場合の防水の改修工事として、今回は
ウレタン防水の通気緩衝工法という工法で施工することになりました。

この工法は、どんなにしっかりと屋上を乾燥させても
今までの湿気というのが屋上の隙間には残っています。

その上に防水をするとその湿気の逃げ場がなくなり、防水を
浮かせてしまう現象が、後から起こる可能性があります。

上に逃げようとする湿気を逃がすために、あえて通気できる
シートをウレタン防水の下に敷き詰めます。

そのシートに湿気が通り、脱気筒という煙突から湿気が
外に出ることができ、防水層を長持ちさせます。
最近では改修の際、多く施工されている工法です。
シート貼
トップコート塗布
ウレタンコート塗布
通気シートの上にウレタン防水を2回塗布します。

そして最後に、ウレタン防水を太陽の紫外線から保護するために
トップコートを塗布し完成です。トップコートは銀色の反射の強いものを選びました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

中塗り

中塗り中です。色が違うのが分かると思います。

下塗り

一回目の塗った直後の写真です。この後少し時間がたつと、塗料が吸い込まれるのでまばらになっていきます。

中塗り

下塗も乾燥し、中塗り作業へと進んでいきます。塗膜厚を確認しながら丁寧に塗り上げていきます。この厚みを気にしながら塗る事で、塗り残しや厚み不足といった事も事前に防いでいくことができます。塗装に於いて、塗膜厚が非常に重要なのです。そこが不十分だ...........