沼津市のマンションで既存防水の劣化により、防水工事を行いました。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

施工前屋上
シート貼
下処理
沼津市のマンションで既存のシート防水が劣化しており、
シートの浮きや継ぎ目の剥がれ、シートの下への雨水の侵入などがあり、
いつ雨漏りしてもおかしくない状況になっているので、防水工事を行いました。

まずは既存のシート防水の撤去からになります。
マンションの屋上ということで、撤去するのにも
作業人数を増やして撤去しました。

撤去をしてみると、やはりシート防水の下に
雨水が入っている個所が数多く確認できました。
乾燥させて、ケレン清掃をし、まずはクラックなどの下地処理をします。

雨水を含んている場合の防水の改修工事として、今回は
ウレタン防水の通気緩衝工法という工法で施工することになりました。

この工法は、どんなにしっかりと屋上を乾燥させても
今までの湿気というのが屋上の隙間には残っています。

その上に防水をするとその湿気の逃げ場がなくなり、防水を
浮かせてしまう現象が、後から起こる可能性があります。

上に逃げようとする湿気を逃がすために、あえて通気できる
シートをウレタン防水の下に敷き詰めます。

そのシートに湿気が通り、脱気筒という煙突から湿気が
外に出ることができ、防水層を長持ちさせます。
最近では改修の際、多く施工されている工法です。
シート貼
トップコート塗布
ウレタンコート塗布
通気シートの上にウレタン防水を2回塗布します。

そして最後に、ウレタン防水を太陽の紫外線から保護するために
トップコートを塗布し完成です。トップコートは銀色の反射の強いものを選びました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル屋根状況

今回は、以前よりお付き合いのあるお客様から、屋根点検の御依頼をいただき、調査に伺いました。最近は雨が多くて、なかなか見る事が出来なかったのですが、ようやく1日だけ晴れて実行できました。早速、屋根に上って現場調査していると、板金で作られている...........

沼津市 屋根の棟外れ

屋根部材の一部分のパーツです。本棟の被せで材質は金属板金です。屋根の一番高い部分に取り付けてあります。このパーツの小口部分が、まるで紙を破いたようにビリッと裂けています。薄くても鉄板です。その鉄板が、力が加わる所でも無いのにビリッと裂けてい...........

屋根調査

切妻屋根の金属瓦葺きで、棟の被せ板金が強風の影響で飛んでしまったそうです。飛んでしまった原因は様々ですが、人に当たって怪我をさせてしまわなかった事はせめてもの幸いです。飛んでしまった棟被せはジョイント部分の接合が不十分であった事。また下地の...........