沼津市内で中塗り塗装と上塗り塗装を行いました。


中塗り
中塗り中です。だいぶいい色になってきました。
中塗り
中塗り塗装後の写真です。
今日から中塗りをしていきます。最近お天気が続いて塗装が捗ります!!雨降りませんように!!

さて、今回の中塗りと上塗りの塗装はアステックペイントのリファインと言う塗料になります。

今回の塗料は前回も書きましたが、シリコン塗料の中でも1ランク上の塗料になっており、対候性や退色に強く、汚れも落ちやすい塗料になっています。

塗装は基本的にローラーで塗っていき、細かい部分は刷毛を使って塗り残しの内容に塗っていきます。

左は中塗りの塗装中の写真です。左は塗装した後の写真です。

中塗りは約2日間かけて作業終了です。



上塗り
上塗り中の写真です。
上塗り
こちらは、上塗り完了後の写真です。塗る前に比べるとかなり明るくなりました。
次の日は上塗りに入っていきます。上塗りもアステックペイントのリファインで塗装します。中塗り同様に塗り忘れが無いように、一カ所、一カ所丁寧に塗装をしていきます。

余談ですが、中塗りと上塗りの色を変える職人さんもおりますが、当社は色むらになるのを防ぐ為、同じ色の塗料を使います。

右の写真が塗装終了の写真になっています。

上塗りも約2日間かけて塗装をして行きました。

これで外壁は終了になります。

次からは、細部の塗装を行なっていきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

錆

折版屋根の雨押えと、外壁に使用している角波カラー鉄板の取合い部分がピタッとくっついた状態のために、雨水の吐けが非常に悪い為にサビが発生してしまいました。サビでもステージ4のレベルで、既にピンホール状態が数ヵ所点在しています。このような状態に...........

屋根棟のズレ

登り棟部分の面戸材(詰め物)の経年劣化が原因とみられる崩落状況です。登り棟自体は組積造りといっても良いように、平瓦の凹んだ部分にモルタル系の詰め物して平らにし、その上にのし瓦を2~3、3~4層ののし瓦を順序よく重ねていき啞然とます。

MFシルキー本体

今回は、伊豆の国市で瓦屋根を撤去して、合板を重ね貼りして野地を作り、ルーフィングを貼った後に、仕上げのMFシルキーを葺いていく作業に入っていきます。まずは、材料をステージまで荷揚げして、数量と中身の確認をしていきます。中身の色が違わないか、...........