裾野市でアステックペイントを使って外壁の塗装工事を行いました。


今回は裾野市のお客様の現場にて、外壁塗装をすることになりました。
ちょうど築15年ほどのお家になります。そろそろ外壁塗装のいい時期でした。
ちょっと簡単ですが、塗料の説明をしたいと思います
アステックペイントとは 元々はオーストラリアの会社の塗料で日本向けに改良した塗料になっています。
今回帯の部分の塗料はEC5000と言う塗料を使いました。
EC5000の特徴としては伸縮性が弾性シリコンの約600%の伸縮性を持った塗料になっております。その為、家の防水機能に特化した塗料になっております。
壁の部分はグラナートと言う吹き付け塗料を使いました。
グラナートの特徴としては、吹き付け用の塗料になっており、主にアクセントなどに使ったりします。

アステックEC-2000F
こちらの缶がEC5000の塗料になっています。
裾野市外壁塗装塗装前
裾野市外壁塗装塗装前後ろ

見た目はとても綺麗でしたが、やはりチョーキング現象が起こっておりました。
うえの写真は塗装前の写真になります。

チョーキング現象とは外壁を手で触った時に白いチョークのような粉が付く事です。塗膜の劣化が起こってくると
必ずこの現象が起こります。
裾野市グラナート塗装
裾野市グラナート塗装
今回は壁の部分はアステックペイントのグラナートと言う吹き付け専用の塗装に
なります。下塗りをした後に元になる中塗りをした後、ガンスプレーで吹き付けて
塗装をしていきました。
その際に通常の養生もよりしっかりとして周囲にご迷惑が掛からないように慎重
に施工していきました。
ちなみにグラナートの耐候年数は約15年ほどになっております。
裾野市塗装仕上がり
裾野市塗装仕上がり
帯の部分はアステックペイントのEC5000と言う塗料を使いました。

今回は濃い目の青を使いしっかりとした色合いに仕上げました。

EC5000の耐候年数は約15年ほどになっております。

ここには映ってはいませんが、木製の濡れ縁も一緒に塗装いたしました。

今回の外壁塗装の工期は14日間でした。
屋根塗装も一緒にさせて頂きました。次回は屋根の紹介をしたいと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市 下香貫 屋根塗替えのみでいたが、外壁塗装も合わせて

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
5年
工事費用
120万円
施工事例

沼津市下香貫 工業化住宅の外壁・屋根塗替え

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
104.7万円
施工事例

沼津市岡宮 外壁・ベランダ塗装、破風板補修工事

塗装施工前
塗装施工後
工事内容
破風板・軒天部分補修
外壁塗装
その他塗装
使用素材
水性弾性セラミシリコン・セラMレタン・ガルバリウム銅鈹・掃出し窓・アルミ縦格子
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
148万円

同じ地域の施工事例

施工事例

裾野市須山 雑木林の中に建つ住まい 屋根カバー工法で一日で完成 !!

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
17年
建坪
保証
5年
工事費用
21.5万円
施工事例

裾野市千福ニュータウン内、 屋根登り棟補修

屋根棟のズレ
施工後1
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
16.5万円
施工事例

カラーベスト葺からアスファルトシングル葺に!(裾野市御宿 外部リフレッシュ)

施工前
施工後
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
アスファルトシングル葺
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
193万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市鉄骨住宅の軒

沼津市で母屋から増築した離れ部分の現地調査に行ってきました。建物は築30年程になります。屋根は折半屋根、外壁はサイディング張りとなっていました。

伊豆の国市リシン掻き落し落下

今回は、伊豆の国市で外壁の左官部分が落下したので見てほしいとの依頼を受けて、現場調査に伺いました。たしかに2階のベランダ外側の壁がヒビ割れて落ちています。お施主様に話を伺うと、どうやら前に起こった地震によって落下したようです。元々、ヒビ割れ...........

富士市築50年の住宅

入母屋タイプの屋根、玄関戸は引き分け、腰壁はレンガ調のタイル張。一昔前に一声風靡した入母屋屋根の定番です。玄関までの庭のアプローチに植えられた植木も綺麗に剪定されています。外壁はリシン掻き落としになっています。軒裏の杉板、化粧垂木、日本霧除...........