沼津市で非常に耐候性のあるセネターの重ね葺きをしました。


セネター葺き
セネター葺き施工中
ルーフィングを敷き終えたら、いよいよセネターを重ね葺きしていきます。

軒先側から、順に棟の方向へと重ねていきます。
その際に、セネターを屋根下地に固定しているビスを次の屋根材が被さっていき、
そこからの雨漏りを防いでいきます。
棟や谷の部分を境にして、一面一面と施工していきます。

また、セネターの場合は、ガルバリルム鋼板に天然石を吹き付けしてあるので、通常の板金屋根
(ガルバリウム鋼板製)に比べると、雨音なども軽減され、耐候性もアップしています。



セネター葺き
セネター葺き
重なり合わせた正面部分の立ち上がりからも、しっかりとビス固定するので強風による
屋根材の捲れを防ぐ効果があります。

棟部材を屋根材と同質にすることで、板金部材の棟を使用するよりも、仕上がりの
美しさが増すのと、耐候性も上がります。

また、棟を取り付ける際に屋根材の上に棟を固定するための木材を取付致します。
その際、板金棟の場合、通常棟下地に使用する木材の厚みは15㎜程度です。

その厚みに向かって釘にて固定していくのですが、経年によって木材の痩せや劣化・
釘の錆等による劣化により、強風時に釘が抜けて、吹き飛ばされる事になるのです。

しかし、セネターに使用する同質棟は木下地材は、25㎜を使用し、その厚みに
対してビス固定をしていくので、長年の耐久力が期待できます。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

長泉町住宅 波トタン屋根

長泉町の借家で、木製のテラス屋根が腐食により下がってしまっていると連絡がお施主様からあり現地調査を行いました。屋根は建物から奥行1800㎜x幅は2000㎜の大きさがありました。その屋根が目線の位置まで下がっている状態でした。

沼津市 屋根葺き替え下地処理

前回は、瓦の撤去まで進み、今回からは、下地作りへと移行していきます。野地板の上に、新たなゴムアスルーフィング(緑色の防水シート)を屋根全体に敷いていきます。このシートのおかげで、雨水が屋根材の下に入り込んでも、雨漏りしにくい状況になっていま...........

屋根

こんにちは!!今日はいい天気です。なかなかのドライブ日和です。さて、今回は、三島の大家様から、伊東市にある借家から雨漏りするので見てもらいたいとの事でした。早速現場に行って来ました。海沿いのお家は塩でボロボロになることが多いので心配です。