御殿場で借家の外壁、屋根の現地調査を行いました。

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

IMG_20180207_113001-columns2-overlay
IMG_20180207_113031-columns2-overlay
御殿場市の賃貸物件の外壁調査に行ってきました。
雨戸下部分の外壁リシン左官がごっそりと剥がれていました。
建物は平屋造りですので、周りに対しては危険な状況では
ありませんが、建物にとっては大変危険な状態に
なっています。

原因は外壁のメンテナンスが出来ていないことが上げられます。
外壁をリシン仕上げなど、左官で仕上げている場合では、
一番気を付けなければいけないことは外壁のクラックです。
クラックとは外壁のヒビ割れのことです。

ヒビ割れてしまうと、新築時に左官前に施工する
ラス網を張る作業がありますが、そのラスシートが外壁左官のヒビ割れと
一緒に破れたり、また弱ったりしてしまうのです。

そしてそこから雨が入り込んでしまうからです。
そうすると、雨漏りが始まったり、下地を腐らせてしまい、
どんどんそのヒビ割れの周辺が痛み、広がり、外壁左官自身の重さに
耐えられなくなり、剥がれ落ちるという現象に繋がっていきます。

それを防ぐ為には、おおよそ10年に一度の塗装や
クラックが入った時に早めに塞ぐことが必要となります。

IMG_20180207_113020-columns3-overlay
IMG_20180207_113413-columns3-overlay
また大きな面より、意外と窓の周辺や、霧除けの角の辺りに
クラックは入りやすいのです。そのような場所は特に
気を付けて点検する必要があります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル屋根状況

今回は、以前よりお付き合いのあるお客様から、屋根点検の御依頼をいただき、調査に伺いました。最近は雨が多くて、なかなか見る事が出来なかったのですが、ようやく1日だけ晴れて実行できました。早速、屋根に上って現場調査していると、板金で作られている...........

沼津市 屋根の棟外れ

屋根部材の一部分のパーツです。本棟の被せで材質は金属板金です。屋根の一番高い部分に取り付けてあります。このパーツの小口部分が、まるで紙を破いたようにビリッと裂けています。薄くても鉄板です。その鉄板が、力が加わる所でも無いのにビリッと裂けてい...........

屋根調査

切妻屋根の金属瓦葺きで、棟の被せ板金が強風の影響で飛んでしまったそうです。飛んでしまった原因は様々ですが、人に当たって怪我をさせてしまわなかった事はせめてもの幸いです。飛んでしまった棟被せはジョイント部分の接合が不十分であった事。また下地の...........