御殿場で借家の外壁、屋根の現地調査を行いました。


IMG_20180207_113001-columns2-overlay
IMG_20180207_113031-columns2-overlay
御殿場市の賃貸物件の外壁調査に行ってきました。
雨戸下部分の外壁リシン左官がごっそりと剥がれていました。
建物は平屋造りですので、周りに対しては危険な状況では
ありませんが、建物にとっては大変危険な状態に
なっています。

原因は外壁のメンテナンスが出来ていないことが上げられます。
外壁をリシン仕上げなど、左官で仕上げている場合では、
一番気を付けなければいけないことは外壁のクラックです。
クラックとは外壁のヒビ割れのことです。

ヒビ割れてしまうと、新築時に左官前に施工する
ラス網を張る作業がありますが、そのラスシートが外壁左官のヒビ割れと
一緒に破れたり、また弱ったりしてしまうのです。

そしてそこから雨が入り込んでしまうからです。
そうすると、雨漏りが始まったり、下地を腐らせてしまい、
どんどんそのヒビ割れの周辺が痛み、広がり、外壁左官自身の重さに
耐えられなくなり、剥がれ落ちるという現象に繋がっていきます。

それを防ぐ為には、おおよそ10年に一度の塗装や
クラックが入った時に早めに塞ぐことが必要となります。

IMG_20180207_113020-columns3-overlay
IMG_20180207_113413-columns3-overlay
また大きな面より、意外と窓の周辺や、霧除けの角の辺りに
クラックは入りやすいのです。そのような場所は特に
気を付けて点検する必要があります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根剥がれ

カラーベスト葺き屋根の防水の役目をしているアスファルトルーフィングの状態を撮影しています。カラーベストを剥がした状態でアスファルトルーフィングが破れたり部分的に無かったりしていますが、何故ににこうなっているのか理解しがたいです。このような状...........

長泉町屋根ひび割れ個所

住宅屋根のカラーベスト葺きの仕様です。所々に見える白いすじ状のモノは、カラーベストにヒビが入っている為に、塗替え塗装の作業を行なう前、高圧洗浄作業後にシーリング処理を行なった所です。

簡易足場設置

今回は、伊豆の国市でウレタン防水を施工するにあたり、陸屋根とベランダの高圧洗浄と簡易足場を設置しました。まず、アルミ製の足場を屋根に届くように下から順に組立ていきます。二人で組み上げていけば、30分程度で出来上がる程度です。支持脚もしっかり...........