オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

御殿場で借家の外壁、屋根の現地調査を行いました。


IMG_20180207_113001-columns2
IMG_20180207_113031-columns2
御殿場市の賃貸物件の外壁調査に行ってきました。
雨戸下部分の外壁リシン左官がごっそりと剥がれていました。
建物は平屋造りですので、周りに対しては危険な状況では
ありませんが、建物にとっては大変危険な状態に
なっています。

原因は外壁のメンテナンスが出来ていないことが上げられます。
外壁をリシン仕上げなど、左官で仕上げている場合では、
一番気を付けなければいけないことは外壁のクラックです。
クラックとは外壁のヒビ割れのことです。

ヒビ割れてしまうと、新築時に左官前に施工する
ラス網を張る作業がありますが、そのラスシートが外壁左官のヒビ割れと
一緒に破れたり、また弱ったりしてしまうのです。

そしてそこから雨が入り込んでしまうからです。
そうすると、雨漏りが始まったり、下地を腐らせてしまい、
どんどんそのヒビ割れの周辺が痛み、広がり、外壁左官自身の重さに
耐えられなくなり、剥がれ落ちるという現象に繋がっていきます。

それを防ぐ為には、おおよそ10年に一度の塗装や
クラックが入った時に早めに塞ぐことが必要となります。

IMG_20180207_113020-columns3
IMG_20180207_113413-columns3
また大きな面より、意外と窓の周辺や、霧除けの角の辺りに
クラックは入りやすいのです。そのような場所は特に
気を付けて点検する必要があります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津スレート屋根現調

沼津市にお住まいの方よりスレート屋根が浮いているとご相談がありました。早速現場を確認させていただきました。切妻屋根に上がってみると経年劣化のため防水性が低下し、全体的に色褪せ、苔が生え、割れやヒビが見つかりました。スレート屋根の耐用年数は環...........

沼津市折版屋根錆び雨漏り

沼津市のビルの大家様よりご相談がありました。以前より雨が強く降ると雨漏りが起こっていたそうです。壁面は以前塗装を行っていました。雨漏りの回数は減りましたが、まだ雨漏りするとのことでご相談がありました。南面の折板屋根の鉄骨部分の錆止めとパラペ...........

沼津市棟破損

沼津市で屋根の棟板金の一部が飛ばされたとご相談があり、現場調査にいってきました。寄棟屋根で築30年程経過しているとの事です。今まで、大きな補修をしていないとの事で、外壁も点検させていただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325