御殿場で借家の外壁、屋根の現地調査を行いました。


IMG_20180207_113001-columns2-overlay
IMG_20180207_113031-columns2-overlay
御殿場市の賃貸物件の外壁調査に行ってきました。
雨戸下部分の外壁リシン左官がごっそりと剥がれていました。
建物は平屋造りですので、周りに対しては危険な状況では
ありませんが、建物にとっては大変危険な状態に
なっています。

原因は外壁のメンテナンスが出来ていないことが上げられます。
外壁をリシン仕上げなど、左官で仕上げている場合では、
一番気を付けなければいけないことは外壁のクラックです。
クラックとは外壁のヒビ割れのことです。

ヒビ割れてしまうと、新築時に左官前に施工する
ラス網を張る作業がありますが、そのラスシートが外壁左官のヒビ割れと
一緒に破れたり、また弱ったりしてしまうのです。

そしてそこから雨が入り込んでしまうからです。
そうすると、雨漏りが始まったり、下地を腐らせてしまい、
どんどんそのヒビ割れの周辺が痛み、広がり、外壁左官自身の重さに
耐えられなくなり、剥がれ落ちるという現象に繋がっていきます。

それを防ぐ為には、おおよそ10年に一度の塗装や
クラックが入った時に早めに塞ぐことが必要となります。

IMG_20180207_113020-columns3-overlay
IMG_20180207_113413-columns3-overlay
また大きな面より、意外と窓の周辺や、霧除けの角の辺りに
クラックは入りやすいのです。そのような場所は特に
気を付けて点検する必要があります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

笠木

こちらの写真をご覧になってどこが問題の部位かお分かりになりますか。問題の部位は平らな屋根と立ち上がっているパラペット(低く立ち上がった壁)の間に内樋が通っています。この内樋が通常のカラー鋼板を使用していたために、錆が発生、腐食して穴が空き雨...........

風で瓦が…

瓦が剝がれ、浮いてしまっている箇所があります。下地が見えてしまっています。原因は部分的に小規模な竜巻が発生したのでは、と予想されます。ご存知とは思いますが、瓦は自らの重みとそして互いに重なり合っている事で風雨に強い事になっていますが、上から...........

玄関屋根劣化

今回は、玄関上の屋根を修理したいとの事で、富士市に現場調査に伺いました。早速、現地について脚立に上って見てみると、屋根の板金が錆びて劣化している状況でした。ここの土地は、海に近く風によって潮がすぐに飛んでくるような立地なので、それが一番の原...........