オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

富士市で台風19号により棟板金が飛散!保険適用の現状復旧補修!


富士台風カラーベスト
富士市で台風19号により2階の屋根の棟板金(むねばんきん)が飛散したとの事で現場調査に行ってきました。
火災保険での補修依頼の為、原状復旧でのお見積りをさせて頂きました。

自然災害による被害は「火災保険」が適用できます!

台風による自然災害は、私たちの住まいに大きな被害をもたらします。
私たちの住む建物や家財が台風の被害に遭った場合は、火災保険でその損害を補償することもできます。
火災保険には、台風に備えた補償として「水災補償」、「風災補償」、「落雷補償」があり、どの補償内容が適用されるかは、契約内容や被害状況によって異なりますので、ご加入されている保険をご確認してみてください。
申請のお手伝いをさせていただきます。
富士カラーベスト台風
築25年程、屋根のタイプはカラーベストです。
カラーベストの平均寿命は20年~25年といわれていますが、あくまでも定期的なメンテナンスされた場合です。
メンテナンスすることにより屋根材を保護し、その後の寿命を少しでも延ばすことができます。
富士カラーベスト釘浮き
今回、飛散された場所以外でも、釘が浮き固定されていない箇所が見受けられました。
他の浮いている釘も打ち直しさせていただきます。
釘浮きは、棟板金の固定力が弱まり、強風での飛散、剥がれの原因の一つです。
そのまま放置していれば、浮いた釘穴から水の浸水があれば木材が腐食してしまい、雨漏りが発生してしまう可能性もあります。
富士台風棟板金
強風の影響で棟板金の3分の1程度が剥がれ、棟板金を固定する貫板(ぬきいた)も腐食し、割れて飛散していました。
貫板の腐食も棟板金が飛散した原因になります。
富士台風棟貫板劣化
飛散した貫板を交換、ガリバリウム鋼板を使用して両脇から釘打ちで丁寧に固定していきます。
釘打ち後はコーキング処理を釘頭にします。
コーキング処理することで、その部分から雨水の浸水を防ぎ、棟板金の飛散、剥がれ防止にもなります。
屋根頂部の保護という大事な役割を担っている棟板金ですが、頂部だからこそ風の影響を受けやすく被害が出やすい部位でもあります。
台風通過後、最もご相談が多いのが棟板金の被害です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熱海台風被害

熱海市で台風により屋根の防水が剥がれてしまい室内に大量の雨が入ってくるとご相談がありました。築年数も経っており屋根、外壁も劣化がみられ雨漏りを発生させる条件はいくつかありましたが、今回はお客様のご要望により屋根の防水と外階段の貼り替えを施工...........

沼津瓦屋根現調

沼津市で「瓦屋根が劣化しています。補修しないと大変なことになりますよ」と訪問業者から高額な見積りをみせられ、困惑したお客様よりご相談をうけました。早速、瓦職人と一緒に現場調査に行ってきました。現在、「訪問業者に屋根が変だと聞いて不安になって...........

沼津雨漏り下屋葺き替え

沼津市のお客様より雨漏りしているので見てほしいとご相談がありました。早速現場を見させていただきました。最初に目に入るのは外壁です。経年劣化のため汚れが付着しているのか黒く変色し、亀裂もみられました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325