オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

沼津市内の商業地域に建ってる陸屋根の防水シートが無惨な状態に


屋上
鉄骨3階建の屋上部分の表面の防水状態です。
防水層を紫外線や熱、歩行時に生ずる摩耗、それらから防水層を保護する為の保護塗装被膜が全く無くなってしまった状態にあります。
ゴム系のシート防水がどの程度ダメージを受けているのかは明確ではありませんが、今回を既存防水シートはそのまま使用とのご意向でした。
屋上
腰壁の立上り部分の防水シートが大きく剥がれ、全く接着剤の役目は果たしていない状態になっています。
防水シートも変形して硬化状態になっている為に、この腰壁部分の防水シート材は使用不可能となります。
下地と防水シートの間に雨水が入り込んでしまったのか、または当初の施工時に極めて小さな気泡が、熱で温められて膨張し、その繰り返しで広範囲に拡大していったのか、などが予想されます。
屋上
このような状態になるまでには1~2年は経過していると思います。初期の段階であれば、防水シート自体にダメージも少なかったでしょうし、それ相応の対処で済んだはずです。
屋上には特に用事が無ければ上がっては来ないかも知れませんが、目視していない結果です。
陸屋根防水は、一般的な住宅屋根のように勾配屋根ではありません。降った雨が緩やかな勾配に沿って流れる速度は大変遅いです。
平らに近いので紫外線や太陽熱は勾配屋根よりはるかに大きいためにダメージも受けやすいのです。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市雨漏り取り合い

沼津市で雨漏りでお困りの方からのご依頼です。他社で見積りを依頼したところ、高額な見積書が届き、お困りとの事でした。調査の結果、雨漏りに関係ありそうな場所は壁と屋根取り合い部分の可能性が高いです。

清水町セメント瓦下塗り

清水町の塗装現場の続きです。天気にも恵まれ、まずは高圧洗浄機でホコリや苔、塗膜のはがれを除去します。汚れを落とさないと、塗装してもすぐに剥がれてしまうので、とても重要な作業です。

清水町セメント瓦コケ

清水町で屋根からの雨漏りでご相談がありました。早速、現状確認にお伺いしました。セメント瓦の屋根材のお宅です。屋根へ上ってみた所、棟瓦や屋根材などの表面のコケが目立ちます。勾配も急なので足元が滑りやすくなっていました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325