オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

三島市内、カラーベスト葺き屋根の棟被せ板金材を大きく影響させる大貫材


下地板が傷んでいる
住宅の寄棟屋根で登り棟・本棟部分の被せ板金の傷みがひどく、それを固定するための大貫材が所々腐っていました。
今回はそちらすべてを総取替えする事になりました。
カラーベスト材も塗替え時期を数年過ぎてしまい、合わせて工事することに成りました。
下地板取替
大貫材での下地材づくりを行ないます。
大貫材の腐れなどの大きな原因は、被せ板金を固定するのに被せ板金の横側から釘打ちして固定します。そして釘頭から雨水が浸入しないようにシーリングを施します。
大貫材を取付け時に大貫材が生木であったりすると、木が乾燥すると微妙に木が痩せた状態になります。
こうなると被せ板金と大貫材の間に隙間が出来てしまいます。
下地板取替
強風が吹いたり、真夏時に被せ板金が膨張したりその繰り返す事により釘穴が大きくなってきます。
これらの諸々の悪条件で釘穴から雨水が僅かづつ浸入し始めます。
やがて釘が効いていなくなってしまったり、釘が抜けてしまったりなどの状態になってしまいます。
下地板取替
屋根の調査を依頼され、棟や登り棟付近を重点的にチェックすると、全体の40~50%くらいの割合で釘が浮いていたり、釘は抜けて釘穴だけが開いていたりの状態です。
これらの原因は大貫材が生木(グリーン材)を使用していた事。釘打ち時にしっかりシーリングしていなかった事。
シーリング材の材質が粗悪商品を使用していたなどが挙げられます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津スレート屋根現調

沼津市にお住まいの方よりスレート屋根が浮いているとご相談がありました。早速現場を確認させていただきました。切妻屋根に上がってみると経年劣化のため防水性が低下し、全体的に色褪せ、苔が生え、割れやヒビが見つかりました。スレート屋根の耐用年数は環...........

沼津市折版屋根錆び雨漏り

沼津市のビルの大家様よりご相談がありました。以前より雨が強く降ると雨漏りが起こっていたそうです。壁面は以前塗装を行っていました。雨漏りの回数は減りましたが、まだ雨漏りするとのことでご相談がありました。南面の折板屋根の鉄骨部分の錆止めとパラペ...........

沼津市棟破損

沼津市で屋根の棟板金の一部が飛ばされたとご相談があり、現場調査にいってきました。寄棟屋根で築30年程経過しているとの事です。今まで、大きな補修をしていないとの事で、外壁も点検させていただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325