オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

三島市内、カラーベスト葺き屋根の棟被せ板金材を大きく影響させる大貫材


下地板が傷んでいる
住宅の寄棟屋根で登り棟・本棟部分の被せ板金の傷みがひどく、それを固定するための大貫材が所々腐っていました。
今回はそちらすべてを総取替えする事になりました。
カラーベスト材も塗替え時期を数年過ぎてしまい、合わせて工事することに成りました。
下地板取替
大貫材での下地材づくりを行ないます。
大貫材の腐れなどの大きな原因は、被せ板金を固定するのに被せ板金の横側から釘打ちして固定します。そして釘頭から雨水が浸入しないようにシーリングを施します。
大貫材を取付け時に大貫材が生木であったりすると、木が乾燥すると微妙に木が痩せた状態になります。
こうなると被せ板金と大貫材の間に隙間が出来てしまいます。
下地板取替
強風が吹いたり、真夏時に被せ板金が膨張したりその繰り返す事により釘穴が大きくなってきます。
これらの諸々の悪条件で釘穴から雨水が僅かづつ浸入し始めます。
やがて釘が効いていなくなってしまったり、釘が抜けてしまったりなどの状態になってしまいます。
下地板取替
屋根の調査を依頼され、棟や登り棟付近を重点的にチェックすると、全体の40~50%くらいの割合で釘が浮いていたり、釘は抜けて釘穴だけが開いていたりの状態です。
これらの原因は大貫材が生木(グリーン材)を使用していた事。釘打ち時にしっかりシーリングしていなかった事。
シーリング材の材質が粗悪商品を使用していたなどが挙げられます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市雨漏り取り合い

沼津市で雨漏りでお困りの方からのご依頼です。他社で見積りを依頼したところ、高額な見積書が届き、お困りとの事でした。調査の結果、雨漏りに関係ありそうな場所は壁と屋根取り合い部分の可能性が高いです。

清水町セメント瓦下塗り

清水町の塗装現場の続きです。天気にも恵まれ、まずは高圧洗浄機でホコリや苔、塗膜のはがれを除去します。汚れを落とさないと、塗装してもすぐに剥がれてしまうので、とても重要な作業です。

清水町セメント瓦コケ

清水町で屋根からの雨漏りでご相談がありました。早速、現状確認にお伺いしました。セメント瓦の屋根材のお宅です。屋根へ上ってみた所、棟瓦や屋根材などの表面のコケが目立ちます。勾配も急なので足元が滑りやすくなっていました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325