オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

三島市内、2階建の2階鬼瓦が、また巴瓦が落下してしまった


大鬼補修
鬼瓦の先端に乗る巴瓦が何かしらが原因で落下してしまっています。
どの瓦もそれぞれの用途があり、この巴瓦が無いだけでもポッカリと大きく隙間が空いてしまいます。
巴瓦の取付設置は気持ち前傾ぎみで固定されます。
目の錯覚で水平にしてしまうと端は上がって見えてしまう為に傾斜をつけています。その微妙な傾斜勾配が、落ちてしまう要因の一つかも知れませんが、モルタル接着している接着力が低下してしまう事が一番の原因です。
大鬼補修
周囲の瓦関係の問題ない事を確認し、巴瓦を設置固定して作業は終了となります。
大鬼補修
鬼瓦の頭部分が前にお辞儀しています。
原因として考えられるのは、鬼瓦が載っている下端の平瓦
の取合い部分に問題が生じているのか、鬼瓦の背面部分と棟瓦関係の接着力に問題が有るのかが考えられます。
今回の原因は、棟瓦関係が少し長い為に鬼瓦を置いた状態の時、前に倒れてしまいました。
鬼瓦と棟瓦関係は接着しますが、万一接着力が無くなってしまった場合には、今回のような状態になってしまう訳です。

大鬼補修
本来は鬼瓦を設置した時に鬼瓦の重心は後ろに倒れる事が望ましいように考えられています。
鬼瓦のような重量の重い物が上から落ちてきてはとんでもない事になってしまいます。
施工には細心の注意で臨まなくてはいけません。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津スレート屋根現調

沼津市にお住まいの方よりスレート屋根が浮いているとご相談がありました。早速現場を確認させていただきました。切妻屋根に上がってみると経年劣化のため防水性が低下し、全体的に色褪せ、苔が生え、割れやヒビが見つかりました。スレート屋根の耐用年数は環...........

沼津市折版屋根錆び雨漏り

沼津市のビルの大家様よりご相談がありました。以前より雨が強く降ると雨漏りが起こっていたそうです。壁面は以前塗装を行っていました。雨漏りの回数は減りましたが、まだ雨漏りするとのことでご相談がありました。南面の折板屋根の鉄骨部分の錆止めとパラペ...........

沼津市棟破損

沼津市で屋根の棟板金の一部が飛ばされたとご相談があり、現場調査にいってきました。寄棟屋根で築30年程経過しているとの事です。今まで、大きな補修をしていないとの事で、外壁も点検させていただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325