オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

三島市内の住宅の屋根瓦がつむじ風が原因で捲れ上がってしまった


瓦ずれ
極めて稀に見る自然現象の一つが引き起こしたであろう平瓦の捲れ上がりの被害です。
その自然現象は小規模の竜巻、この場合には、つむじ風の表現のがふさわしいかも知れません。
瓦一枚当たりの重量は2キロ前後です。その瓦が重なり合って屋根を形成しています。ですから仮に一枚が2キロの重さであっても重なっている為、持ち上げる必要な力は4キロくらいにはなる事が想像されます。


天井より雨漏り
そのように推理し考えると小規模のつむじ風でも、さーっと通り抜けていくだけで瓦を捲りあげてしまうエネルギーには恐怖を感じます。
また屋根は上からの力が加わった場合には相当の強さで抵抗出来ても、上に持ち上げられるような力には若干の心細さを感じてしまいます。
その為の対策の一つとして、重なっている部分に樹脂系のコーキングを打ちます。このコーキングが接着剤の役目をして瓦の浮き上がり無くし、一体的な役割をしてくれます。
施工前
こちらは瓦屋根の面戸部分(モルタルなどの詰め物をして基礎的な役割をする)が経年劣化や振動などでヒビ割れしボロボロと崩れ落ちてしまっています。
わりとよく見かける光景です。
そのまま放置しておくと、上に乗っているのし瓦や棟瓦に悪影響を与えてしまい、瓦が落下してしまう可能性があります。
棟完成
面戸部分の補修作業も終了しました。これで何かアクシデントなどがなければ当分の間は大丈夫です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市雨漏り取り合い

沼津市で雨漏りでお困りの方からのご依頼です。他社で見積りを依頼したところ、高額な見積書が届き、お困りとの事でした。調査の結果、雨漏りに関係ありそうな場所は壁と屋根取り合い部分の可能性が高いです。

清水町セメント瓦下塗り

清水町の塗装現場の続きです。天気にも恵まれ、まずは高圧洗浄機でホコリや苔、塗膜のはがれを除去します。汚れを落とさないと、塗装してもすぐに剥がれてしまうので、とても重要な作業です。

清水町セメント瓦コケ

清水町で屋根からの雨漏りでご相談がありました。早速、現状確認にお伺いしました。セメント瓦の屋根材のお宅です。屋根へ上ってみた所、棟瓦や屋根材などの表面のコケが目立ちます。勾配も急なので足元が滑りやすくなっていました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325