オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

三島の和瓦の分水嶺の棟部分を大規模に改修


棟瓦撤去施工前
木造2階建て和瓦葺きです。
こちらの写真は既に工事が終了し、完成写真です。
今回の工事は、屋根の一番高い部分の棟という名の面戸部分の不良による改修工事を行ないました。
面戸部分に詰め物のモルタルが、経年劣化や振動などによりボロボロ崩れ、面戸に接しているのし瓦や棟瓦が傾きだしてしまいました。

棟瓦撤去
作業手順としては面戸から上のすべての瓦を撤去し仮置きしておきます。
次に面戸部分の詰め物のモルタルを撤去処分します。
この状態は屋根に30センチほどの巾で棟の長さ分、ぽっかり穴が空いたような無防備な状態になってしまいます。

のし瓦積み直し
この状態から面戸の左右、分水嶺のように面戸詰め物のモルタルでのし瓦と棟瓦が載るようにしっかり基礎を作っていきます。
接する部分の平瓦が波型なので施工自体かなり困難です。
しかしモルタル自体が基礎となる為に、水平方向・垂直方向をしっかり確認しながら工事を進めていきます。
天候を選んで作業の日時を決定しますが、作業途中で雨が降ってはならないように、時間との勝負もあるので職人数も増員して工事します。
のし瓦積み直し
陽も大分傾いてきました。本日の作業はこれで終了しますが、予定通りの作業を行なうことが出来ました。
明日は固まったモルタルの上にのし瓦そして棟瓦を載せていきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市雨漏り取り合い

沼津市で雨漏りでお困りの方からのご依頼です。他社で見積りを依頼したところ、高額な見積書が届き、お困りとの事でした。調査の結果、雨漏りに関係ありそうな場所は壁と屋根取り合い部分の可能性が高いです。

清水町セメント瓦下塗り

清水町の塗装現場の続きです。天気にも恵まれ、まずは高圧洗浄機でホコリや苔、塗膜のはがれを除去します。汚れを落とさないと、塗装してもすぐに剥がれてしまうので、とても重要な作業です。

清水町セメント瓦コケ

清水町で屋根からの雨漏りでご相談がありました。早速、現状確認にお伺いしました。セメント瓦の屋根材のお宅です。屋根へ上ってみた所、棟瓦や屋根材などの表面のコケが目立ちます。勾配も急なので足元が滑りやすくなっていました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325