三島市内の住宅屋根のカラーベストの欠片がある日落ちてきた


施工前
木造2階建、カラーベスト葺きの住宅です。
このカラーベストが全体的にひび割れが著しく、部分取替を検討しましたが、メーカーでは製造していない製品でしたので部分補修は断念。
既存屋根材を剥がさずにその上に新たに屋根を葺くカバー工法をお勧めしましたが、屋根の上に屋根を設けるのは重くなるとの意見から、カラーベストは剥がして葺き替える方向で決まりました。

カラーベスト撤去
剥がす以前に割れてしまっているので、逆に屋根上で更に細かく砕き、最後に固定してあった釘を釘仕舞する方法のが手間と時間が短縮できました。
昔のカラーベストはアスベストを含んでいるので、アスベスト対策もしっかり行なっています。
施工中
下地の野地板の表面が傷んでいないか、腐れは無いかなどのチェックや補強を行なった後、防水シート張を行ないます。
解体砕き・搬出処分・野地板補強そして防水シート張、ここまで一連の作業を一日で行なわなければなりません。
万一雨降りになっては元も子もないありません。
カバー工法は万一雨が降っても、屋根を剥がさないので、その点は安心です。
しかし、防水シートを張ってあれば万一雨が降っても安心です。

葺き替え施工後
予め採寸し加工会社に成形依頼してあったガルバニウム鋼板
を葺いて作業が終了しました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

笠木

こちらの写真をご覧になってどこが問題の部位かお分かりになりますか。問題の部位は平らな屋根と立ち上がっているパラペット(低く立ち上がった壁)の間に内樋が通っています。この内樋が通常のカラー鋼板を使用していたために、錆が発生、腐食して穴が空き雨...........

風で瓦が…

瓦が剝がれ、浮いてしまっている箇所があります。下地が見えてしまっています。原因は部分的に小規模な竜巻が発生したのでは、と予想されます。ご存知とは思いますが、瓦は自らの重みとそして互いに重なり合っている事で風雨に強い事になっていますが、上から...........

玄関屋根劣化

今回は、玄関上の屋根を修理したいとの事で、富士市に現場調査に伺いました。早速、現地について脚立に上って見てみると、屋根の板金が錆びて劣化している状況でした。ここの土地は、海に近く風によって潮がすぐに飛んでくるような立地なので、それが一番の原...........