沼津市郊外、平屋建て事務所の折版屋根が雨漏りを!

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

プレハブ建屋
雨漏りです。
プレハブ系軽量鉄骨、屋根が折版での雨漏りは割と珍しいのではないでしょうか。
というのは、屋根自体が比較的単純に構成されており、複雑な部分がほとんど無い所にあります。
とはいっても、両端の面戸部分や折版が始まる部分と終わりの部分がどのような納まり方になっているのか気になる所です。
折版の場合はほとんどが内樋スタイルが多く納めてあります。

軒板破損
調査の結果、ケラバ方向に取付ている船底状の内樋の端に位置する竪樋との取合い部分に不良個所を発見しました。
そのヵ所の雨樋部品の接着が経年劣化状態となり、シーリングの役目を果たしておらず、そかから僅かずつ雨漏りを起こし、軒裏に垂れていました。
幸いにも少量の雨水浸入と、乾燥が早かったようで、軒裏ベニヤ用の桟の腐れも無く、取替える必要もありませんでした。

外壁汚れ
そこから軒裏へ回る雨水と、建物内部へ浸水するものと分かれて雨漏り状態となった訳です。
雨漏り跡
事務所室内の天井に出た雨漏りのシミです。
こちらも雨漏りの量が少なかった事で天井材にも問題がなく、同色の水性用ペイントを塗布することにより張替えなくても済みました。
今まで雨漏りが起こっていなくても、気象条件・建物の立地条件などにより、素材の経年劣化速度は異なります。
建物が築10年を経過したら、3~5年毎に屋根に登って点検したりする事をお勧めします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市筒井町 見えない内樋の継手部分のコーキング補修が大事です

コーキング劣化
コーキング
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
5年
工事費用
2万円
施工事例

沼津市下香貫 屋根廻り改修工事

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
笠木板金、パラペット波型トタン
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
25.5万円
施工事例

裾野市平松 個人病院住宅併用の建物で、雨漏りの原因が分かり壁際の下屋付近と判明!

施工前
施工後
工事内容
雨漏り修理
使用素材
捨谷板金・ルーフィング
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
38万円(外壁部分塗装含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏れ

こんにちは!!暑さが無くなって過ごしやすくやりましたが、雨・あめ・アメです・・・嫌になりますね。さて、今日は伊豆の国市の建物の窓枠から雨漏れするとの事で現場に行って来ました。

こんにちは!!今日の伊豆市は快晴で、9月なのにめっちゃセミがまだ鳴いてます。気温も過ごしやすい陽気です。さて、今日は伊豆市のアパートの水漏れ?漏水?が前々から起こっている現場の調査に行ってきます。

裾野市アパート 不備なコーキング

こんにちは!!台風が接近していましたが、それて何も被害が無くてホッとしました。今日は、裾野市のアパートの軒の中に入っている雨樋の交換をしたいと思います。