オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

昔、一世を風靡したバットレスタイプの縦壁の安全性の見直し


ベランダひび割れ・錆
今から40~50年前に比較的よく見かけたデザインというか工法です。ベランダの手すりの端末をいかに上手く納めるか、で考案されたデザイン性を兼ねた納め方で、確か「 バットレス 」(縦壁)表現していたかと記憶しています。

地域的な流行りもあるのかも知れませんが、この沼津では比較的多く、その当時としては、このスタイルが斬新で結構に目を引き評判でした。

ベランダひび割れ・錆
何でも時が経てばそうなのかも知れませんが、風化や劣化が進んでいます。

スチール製の手すりがバットレス(縦壁)ささった状態に納まっており、そのスチール製の手すりはかなりの状態で錆が進行して、壁の中まで大きく影響を与えている為に、本来の手すりの強度も大きく低下しています。
IMG_6391_R
もう一つの点は、バットレスの内部の状態が非常に気になるところです。

錆びている事により、雨水が浸入している事がそうぞうできます。
少量であれば数日で内部の木材関係はおおよそ乾くでしょうが、この雨水の浸入の繰り返しにより、木材は腐ってしまいます。
ひび割れ
雨水の浸入が多いか少ないかで、雨漏りが表面化するか先に述べたように材木を見えない部分で腐らせているかです。
今回のようにこのバットレスは左官仕上げで出来ていますので、内側の木材関係はほとんど形をとどめていなく、外側のモルタルリシンで表面的な成形を維持している場合が多く、ベランダの手すりに力を加えない事が賢明です。

早急な改修工事が望まれます。
このような状態でお困りの方は結構いらっしゃいますが、沼津市近郊にお住まいの方はご一報いただければ具体的なご提案をさせていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市雨漏り取り合い

沼津市で雨漏りでお困りの方からのご依頼です。他社で見積りを依頼したところ、高額な見積書が届き、お困りとの事でした。調査の結果、雨漏りに関係ありそうな場所は壁と屋根取り合い部分の可能性が高いです。

清水町セメント瓦下塗り

清水町の塗装現場の続きです。天気にも恵まれ、まずは高圧洗浄機でホコリや苔、塗膜のはがれを除去します。汚れを落とさないと、塗装してもすぐに剥がれてしまうので、とても重要な作業です。

清水町セメント瓦コケ

清水町で屋根からの雨漏りでご相談がありました。早速、現状確認にお伺いしました。セメント瓦の屋根材のお宅です。屋根へ上ってみた所、棟瓦や屋根材などの表面のコケが目立ちます。勾配も急なので足元が滑りやすくなっていました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325