よくある経年性劣化での軒裏ベニヤ、単板の剥がれ

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

軒天剥がれ
軒天ベニヤ板剥がれ
写真のように軒裏の状態が経年劣化により、耐水ベニヤの単板が剝がれてきてしまってる状態です。このような光景は比較的多くあり、見掛けた事もあろうかと思います。
このようなケースは大きく分けて2ケースあり、先に述べたように経年劣化が原因で起こったもの。いま一つは雨漏りが原因で雨が軒裏の内部に廻り、下地材を腐らせ、やがては軒裏ベニヤへと、といった具合に影響を与えていくケースです。
こういう状態になると平屋建ては脚立等の組み合わせで張替え工事が可能ですが、2階建ての場合には、安全面と作業性を考えて必ず仮設外部足場を設けて工事を行う事になります。
当初の工事の施工性・正確性も大きく影響してきますが、軒裏ベニヤがこのような状態になってしまう時は、屋根の塗替え時期であったり、雨樋に不具合が生じたり、外壁の塗替えが必要であったりと、そのどれらの工事を一つ挙げても外部足場を必要とする為、単一で工事をせず必ず複数の工事が行われます。その方が外部足場を度々掛けるといった経済的な負担が軽減されます。同時にそれらの工事を行う事は多くの工事金額となりますが、部材関係は傷み始めると急速に傷む為、仮に初期段階では1万円で済んだのに下地も取替える必要性が発生して3万円もの費用が増えてしまう可能性大となってしまいます。
軒天剥がれ
軒天ケイカル板重ね貼り

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル屋根状況

今回は、以前よりお付き合いのあるお客様から、屋根点検の御依頼をいただき、調査に伺いました。最近は雨が多くて、なかなか見る事が出来なかったのですが、ようやく1日だけ晴れて実行できました。早速、屋根に上って現場調査していると、板金で作られている...........

沼津市 屋根の棟外れ

屋根部材の一部分のパーツです。本棟の被せで材質は金属板金です。屋根の一番高い部分に取り付けてあります。このパーツの小口部分が、まるで紙を破いたようにビリッと裂けています。薄くても鉄板です。その鉄板が、力が加わる所でも無いのにビリッと裂けてい...........

屋根調査

切妻屋根の金属瓦葺きで、棟の被せ板金が強風の影響で飛んでしまったそうです。飛んでしまった原因は様々ですが、人に当たって怪我をさせてしまわなかった事はせめてもの幸いです。飛んでしまった棟被せはジョイント部分の接合が不十分であった事。また下地の...........