屋根の重要な捨て谷部分の取替え作業


谷部分銅板金劣化
谷部分銅板金劣化
瓦葺き屋根は和瓦も洋瓦その形状が異なっていますが、基本的には施工内容は同じ考えです。
屋根と屋根が直角に交わるところには必ず捨て谷という名称の谷が出来ます。それぞれの屋根がぶつかりあっている部分へと降った雨は流れて行きます。ですからこの捨て谷は屋根の部分でも大変重要な役割を果たしているのです。
この捨て谷部分は金属性を使用し、例えば銅板であったりステンレスに銅メッキ処理を施したカッパステン、他にはガルバニウム鋼板を使ったりします。この捨て谷部分は屋根瓦を葺く前に取付セットしてあります。その後瓦を葺くために、何らかの原因でこの捨て谷を取替えなければならなくなった場合には、この捨て谷周辺の瓦を一時取り除かなければなりません。
そうした理由から錆びない銅板製品を使ったり、錆びにくい材料を使ったりします。また雨漏りで一番発生しやすい部位なので施工時には雨仕舞処理をしっかりと行っていきます。
また平瓦を捨て谷と平行に切り落とすので、小さくなったりしますので場合によっては瓦を接着して固定してしまうケースもあります。
この捨て谷部分は比較的家の中心部に位置していますので、万一雨漏りが起こってしまうと被害甚大です。
棟部分撤去
ガルバリウム鋼板で板金

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

笠木

こちらの写真をご覧になってどこが問題の部位かお分かりになりますか。問題の部位は平らな屋根と立ち上がっているパラペット(低く立ち上がった壁)の間に内樋が通っています。この内樋が通常のカラー鋼板を使用していたために、錆が発生、腐食して穴が空き雨...........

風で瓦が…

瓦が剝がれ、浮いてしまっている箇所があります。下地が見えてしまっています。原因は部分的に小規模な竜巻が発生したのでは、と予想されます。ご存知とは思いますが、瓦は自らの重みとそして互いに重なり合っている事で風雨に強い事になっていますが、上から...........

玄関屋根劣化

今回は、玄関上の屋根を修理したいとの事で、富士市に現場調査に伺いました。早速、現地について脚立に上って見てみると、屋根の板金が錆びて劣化している状況でした。ここの土地は、海に近く風によって潮がすぐに飛んでくるような立地なので、それが一番の原...........