屋根の重要な捨て谷部分の取替え作業


谷部分銅板金劣化
谷部分銅板金劣化
瓦葺き屋根は和瓦も洋瓦その形状が異なっていますが、基本的には施工内容は同じ考えです。
屋根と屋根が直角に交わるところには必ず捨て谷という名称の谷が出来ます。それぞれの屋根がぶつかりあっている部分へと降った雨は流れて行きます。ですからこの捨て谷は屋根の部分でも大変重要な役割を果たしているのです。
この捨て谷部分は金属性を使用し、例えば銅板であったりステンレスに銅メッキ処理を施したカッパステン、他にはガルバニウム鋼板を使ったりします。この捨て谷部分は屋根瓦を葺く前に取付セットしてあります。その後瓦を葺くために、何らかの原因でこの捨て谷を取替えなければならなくなった場合には、この捨て谷周辺の瓦を一時取り除かなければなりません。
そうした理由から錆びない銅板製品を使ったり、錆びにくい材料を使ったりします。また雨漏りで一番発生しやすい部位なので施工時には雨仕舞処理をしっかりと行っていきます。
また平瓦を捨て谷と平行に切り落とすので、小さくなったりしますので場合によっては瓦を接着して固定してしまうケースもあります。
この捨て谷部分は比較的家の中心部に位置していますので、万一雨漏りが起こってしまうと被害甚大です。
棟部分撤去
ガルバリウム鋼板で板金

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

陶器瓦

今回は、伊豆の国市で陶器瓦から軽い屋根材に替えたいとの事でお問い合わせいただき、現場調査へ向かいました。以前、増築もされているようで、陶器瓦が載っている屋根と、コロニアル屋根で出来ている屋根がありました。まずは、陶器瓦の状況を確認する為に、...........

RIMG6725

今日は、平面の防水工事をしていきます。天気もなかなか晴れないので様子を見ながら進めています。床面が広いので、区切りながら仕上げていきます。まずは、床面を平滑にするためにポリッシャーを使用して研磨していきます。既存の防水層などの凸凹研磨して平...........

笠木撤去

今回は、沼津市の陸屋根の防水工事に取り掛かりました。重量鉄骨の建物で、建設時の防水はシート防水+保護モルタル仕上げの様です。経年と共に、モルタルに亀裂が入り、一緒にシート防水破けて雨漏りが発生したと思われます。その為、約10年前に他業者様で...........