ゆうに60年以上は経ってる建物の瓦屋根を新たに蘇らせる


大棟施工前
大棟施工後
外観の状態からも見て、ザックリ50年以上は経っていると思っていましたが、築60年以上は十分経っているとお施主様は言っていました。「 もしかすると自分が小学生の頃にはすでに建っていて、だから70年以上かも知れないな 」、当然その間に瓦屋根業者が何年かに一度のペースで保全点検的な事をしているのを見ていました。
そんな話をしてくれました。それでも60~70年以上も経過していると経年劣化を起こしている部分も大分ありました。
今回は平瓦部分ではなく、棟の何段も重ねているのし瓦を固定しているべき粘土が風化してしまっていて、崩れてしまって危険な状態でした。また棟からの雨漏りも心配され急を要する状態でした。
今迄の風化状態の粘土は全て綺麗に撤去して棟の基礎部分を白セメントで作り、その上にのし瓦を3段積み重ね、一定間隔に銅線を白セメントで作った基礎部分に埋め込んでいき、上に伸ばしておきます。
最後に棟瓦の端に穴が空いてるので先ほどの銅線を伏せる前に通します。
すべての棟瓦を伏せ終わった状態で、棟瓦が銅線から抜けないように大きなコブを作って全ての作業が終了となります。
建物もそれぞれ寿命がありますが、古くなったから壊してまた新たに建てる、といったスクラップ&ビルドの考え方は今は通用しません。資源を大切にするエコリサイクルの時代です。

既存瓦撤去
棟際瓦葺き直し

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

笠木

こちらの写真をご覧になってどこが問題の部位かお分かりになりますか。問題の部位は平らな屋根と立ち上がっているパラペット(低く立ち上がった壁)の間に内樋が通っています。この内樋が通常のカラー鋼板を使用していたために、錆が発生、腐食して穴が空き雨...........

風で瓦が…

瓦が剝がれ、浮いてしまっている箇所があります。下地が見えてしまっています。原因は部分的に小規模な竜巻が発生したのでは、と予想されます。ご存知とは思いますが、瓦は自らの重みとそして互いに重なり合っている事で風雨に強い事になっていますが、上から...........

玄関屋根劣化

今回は、玄関上の屋根を修理したいとの事で、富士市に現場調査に伺いました。早速、現地について脚立に上って見てみると、屋根の板金が錆びて劣化している状況でした。ここの土地は、海に近く風によって潮がすぐに飛んでくるような立地なので、それが一番の原...........