ゆうに60年以上は経ってる建物の瓦屋根を新たに蘇らせる

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

大棟施工前
大棟施工後
外観の状態からも見て、ザックリ50年以上は経っていると思っていましたが、築60年以上は十分経っているとお施主様は言っていました。「 もしかすると自分が小学生の頃にはすでに建っていて、だから70年以上かも知れないな 」、当然その間に瓦屋根業者が何年かに一度のペースで保全点検的な事をしているのを見ていました。
そんな話をしてくれました。それでも60~70年以上も経過していると経年劣化を起こしている部分も大分ありました。
今回は平瓦部分ではなく、棟の何段も重ねているのし瓦を固定しているべき粘土が風化してしまっていて、崩れてしまって危険な状態でした。また棟からの雨漏りも心配され急を要する状態でした。
今迄の風化状態の粘土は全て綺麗に撤去して棟の基礎部分を白セメントで作り、その上にのし瓦を3段積み重ね、一定間隔に銅線を白セメントで作った基礎部分に埋め込んでいき、上に伸ばしておきます。
最後に棟瓦の端に穴が空いてるので先ほどの銅線を伏せる前に通します。
すべての棟瓦を伏せ終わった状態で、棟瓦が銅線から抜けないように大きなコブを作って全ての作業が終了となります。
建物もそれぞれ寿命がありますが、古くなったから壊してまた新たに建てる、といったスクラップ&ビルドの考え方は今は通用しません。資源を大切にするエコリサイクルの時代です。

既存瓦撤去
棟際瓦葺き直し

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

二連梯子かけ

今回は、以前現場調査に伺った、雨樋の端から雨水が流れ出してしまうお家の修理にいってきました。二連梯子を使用して、雨樋の吊り金具を取付及び調整をしていきます。職人さんに梯子を昇ってもらい、原因を探ってもらいます。今回の原因としては、雨樋の端に...........

お堂屋根

今回は、裾野市にある歴史ある、お堂の屋根塗装の見積もり依頼を受けて、現場調査に伺いました。天井にもシミがあるとのことなので、雨漏りの疑いもあるようです。このお堂は、区で使用している建屋なので区長様からの御依頼をいただきました。早速、現地につ...........

こんにちは!!今日の伊豆市は快晴で、9月なのにめっちゃセミがまだ鳴いてます。気温も過ごしやすい陽気です。さて、今日は伊豆市のアパートの水漏れ?漏水?が前々から起こっている現場の調査に行ってきます。