スノコ板仕様のバルコからFRP防水の床へ

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ベランダ敷板腐食
腐食部分撤去
2階にあるバルコニーにしては大変珍しい工法のスノコ形式の床で出来ています。
ただ基本的には木質系なので表面は塗装する事は出来ますが、裏面は不可能ですから経年の繰り返しで裏面から腐ってしまいました。それでも表面の塗装を一年おきにご主人が塗っておられたので10年以上はもったとの事です。
それでも10年前に比べ年を取った分、塗装をするという労働意欲が年々薄れてしまったそうです。
今回はごく一般的なFRP防水で施工する事になりました。
既存のスノコ板を解体撤去し、骨組みとなる桟木を30㎝間隔配置し、勾配をつけて固定します。
その上にコンパネ材を敷設固定していきます。 床になる部分と立上り部分の境の全てには角度が緩やかになるように面木をとりつけます。これは角度を90°より緩やかにさせる事により塗膜防水がしっかり下地のコンパネ材に付着してくれる為に、防水施工で一番に気を付けなければならない入隅部分をしっかり施工出来る事になる訳です。
そして防水工事で一番に雨漏り発生率の高い排水ドレン部位です。ドレンの周囲は一段下げたドレンピットを設け、雨水が早く排水出来るように又防水層とドレンの取合いが確実に納まるように施工してあります。





IMG_20171212_094547-columns2-overlay
IMG_20171212_094606-columns2-overlay

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル屋根状況

今回は、以前よりお付き合いのあるお客様から、屋根点検の御依頼をいただき、調査に伺いました。最近は雨が多くて、なかなか見る事が出来なかったのですが、ようやく1日だけ晴れて実行できました。早速、屋根に上って現場調査していると、板金で作られている...........

沼津市 屋根の棟外れ

屋根部材の一部分のパーツです。本棟の被せで材質は金属板金です。屋根の一番高い部分に取り付けてあります。このパーツの小口部分が、まるで紙を破いたようにビリッと裂けています。薄くても鉄板です。その鉄板が、力が加わる所でも無いのにビリッと裂けてい...........

屋根調査

切妻屋根の金属瓦葺きで、棟の被せ板金が強風の影響で飛んでしまったそうです。飛んでしまった原因は様々ですが、人に当たって怪我をさせてしまわなかった事はせめてもの幸いです。飛んでしまった棟被せはジョイント部分の接合が不十分であった事。また下地の...........