オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スノコ板仕様のバルコからFRP防水の床へ


ベランダ敷板腐食
腐食部分撤去
2階にあるバルコニーにしては大変珍しい工法のスノコ形式の床で出来ています。
ただ基本的には木質系なので表面は塗装する事は出来ますが、裏面は不可能ですから経年の繰り返しで裏面から腐ってしまいました。それでも表面の塗装を一年おきにご主人が塗っておられたので10年以上はもったとの事です。
それでも10年前に比べ年を取った分、塗装をするという労働意欲が年々薄れてしまったそうです。
今回はごく一般的なFRP防水で施工する事になりました。
既存のスノコ板を解体撤去し、骨組みとなる桟木を30㎝間隔配置し、勾配をつけて固定します。
その上にコンパネ材を敷設固定していきます。 床になる部分と立上り部分の境の全てには角度が緩やかになるように面木をとりつけます。これは角度を90°より緩やかにさせる事により塗膜防水がしっかり下地のコンパネ材に付着してくれる為に、防水施工で一番に気を付けなければならない入隅部分をしっかり施工出来る事になる訳です。
そして防水工事で一番に雨漏り発生率の高い排水ドレン部位です。ドレンの周囲は一段下げたドレンピットを設け、雨水が早く排水出来るように又防水層とドレンの取合いが確実に納まるように施工してあります。





IMG_20171212_094547-columns2
IMG_20171212_094606-columns2

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市雨漏り取り合い

沼津市で雨漏りでお困りの方からのご依頼です。他社で見積りを依頼したところ、高額な見積書が届き、お困りとの事でした。調査の結果、雨漏りに関係ありそうな場所は壁と屋根取り合い部分の可能性が高いです。

清水町セメント瓦下塗り

清水町の塗装現場の続きです。天気にも恵まれ、まずは高圧洗浄機でホコリや苔、塗膜のはがれを除去します。汚れを落とさないと、塗装してもすぐに剥がれてしまうので、とても重要な作業です。

清水町セメント瓦コケ

清水町で屋根からの雨漏りでご相談がありました。早速、現状確認にお伺いしました。セメント瓦の屋根材のお宅です。屋根へ上ってみた所、棟瓦や屋根材などの表面のコケが目立ちます。勾配も急なので足元が滑りやすくなっていました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325