スノコ板仕様のバルコからFRP防水の床へ


ベランダ敷板腐食
腐食部分撤去
2階にあるバルコニーにしては大変珍しい工法のスノコ形式の床で出来ています。
ただ基本的には木質系なので表面は塗装する事は出来ますが、裏面は不可能ですから経年の繰り返しで裏面から腐ってしまいました。それでも表面の塗装を一年おきにご主人が塗っておられたので10年以上はもったとの事です。
それでも10年前に比べ年を取った分、塗装をするという労働意欲が年々薄れてしまったそうです。
今回はごく一般的なFRP防水で施工する事になりました。
既存のスノコ板を解体撤去し、骨組みとなる桟木を30㎝間隔配置し、勾配をつけて固定します。
その上にコンパネ材を敷設固定していきます。 床になる部分と立上り部分の境の全てには角度が緩やかになるように面木をとりつけます。これは角度を90°より緩やかにさせる事により塗膜防水がしっかり下地のコンパネ材に付着してくれる為に、防水施工で一番に気を付けなければならない入隅部分をしっかり施工出来る事になる訳です。
そして防水工事で一番に雨漏り発生率の高い排水ドレン部位です。ドレンの周囲は一段下げたドレンピットを設け、雨水が早く排水出来るように又防水層とドレンの取合いが確実に納まるように施工してあります。





IMG_20171212_094547-columns2-overlay
IMG_20171212_094606-columns2-overlay

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦撤去施工前

切妻形式の瓦屋根で、本棟(屋根の一番高い部分で、降った雨はここで右側と左側に分かれる分水嶺)の改修工事です。本棟はのし瓦と棟瓦から成り立っています。その瓦を支える基礎の役目をしているのが面戸材と言う練り物で、セメントモルタル系で出来ています...........

FRP防水劣化

重量鉄骨4階建ての店舗併用住宅で、2階と3階部分のバルコニー表面の保護モルタルが無数にひび割れ、その下の防水層自体が20年以上も何もメンテナンスを行なっていない為、雨漏りを起こしていないかと非常に気になりながら住んでいるそうです。

屋根解体

今回は、玄関上の屋根が雨漏りによって腐食してしまったので、解体&下地作製の施工に入ります。解体時に足場を架けて施工したかったのですが、直ぐ下が駐車場の為、足場を設置するスペースがないので、大工さんに脚立足場で頑張ってもらいました。まず、屋根...........