表面が腐っていた為、すべての野地板材を張替えました


ルーフィング敷き
横暖ルーフ葺き
鋼板の瓦棒葺きの屋根でしたが、数箇所広範囲に雨漏りを起こしており、それでも幸いな事に室内への影響は極めて少なかったのですが、防水紙のアスファルトルーフィングの無数の穴からの雨水浸入で、野地板の表面および箇所により腐っており
表面も真っ黒にカビで覆われている状態でした。
大変ですが野地板は全て取替え。ゼロからのスタートの間隔です。1階部分の屋根は2階の窓越しに見える時もありますが、2階の屋根は今屋根がどのような状態になっているのか等は全く分かりません。
今回の工事は屋根葺き材を剥がし、アスファルトルーフィング・野地板を剥がして、新たに野地板を張り、防水シートを張り終えてを、一日のメニューで終了しなければならない為に中々ハードでした。
前回のアスファルトルーフィング敷設が大きな原因だった雨漏りだったので、お施主さんは雨漏りに対して当然の事ながら相当神経質になられていた為に、ご安心をしていただく事も含め、安全面に十分留意して「 この施工内容ならご安心いただけますよ」とご覧いただきました。
当然ですがお施主様は建築に関しては皆さん素人の方々です。中々口で「 こうなってますからご安心を 」とか 「しっかり納めていますから大丈夫です 」を言っても半信半疑です。ですから機会のある毎に、その場で説明をしてあげる事が大切だと思っています。
ルーフィング敷き
ルーフ葺き

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

笠木

こちらの写真をご覧になってどこが問題の部位かお分かりになりますか。問題の部位は平らな屋根と立ち上がっているパラペット(低く立ち上がった壁)の間に内樋が通っています。この内樋が通常のカラー鋼板を使用していたために、錆が発生、腐食して穴が空き雨...........

風で瓦が…

瓦が剝がれ、浮いてしまっている箇所があります。下地が見えてしまっています。原因は部分的に小規模な竜巻が発生したのでは、と予想されます。ご存知とは思いますが、瓦は自らの重みとそして互いに重なり合っている事で風雨に強い事になっていますが、上から...........

玄関屋根劣化

今回は、玄関上の屋根を修理したいとの事で、富士市に現場調査に伺いました。早速、現地について脚立に上って見てみると、屋根の板金が錆びて劣化している状況でした。ここの土地は、海に近く風によって潮がすぐに飛んでくるような立地なので、それが一番の原...........