寄棟屋根の本棟と登り棟の大事な「鋼板製被せ」の点検

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

施工後
施工中
施工中
施工後

木造2階建 アスファルトシングル葺 寄棟屋根です。

「高台で景色がいい反面、風当たりが相当強く半端ではないですよ」と話をしてくれたお施主様です。

寄棟屋根はその屋根の形状から本棟と登り棟があります。その棟を鋼板で成形された棟包みで被せてあり、それぞれ左右横腹から一定間隔に釘止めをして固定しています。

鋼板包みを内部にある大貫という木材に釘を打ち付けてあります。一年を通しての気温の変化や強風などの悪条件で、打ち付け固定している釘が長年の間に緩んだり錆びたりして鋼板包みが完全に固定された状態ではなくなってしまいます。

こうした鋼板包みだけに限らず、屋根の表面の塗装状態はどうなっているのか等、年に一度は屋根に登ってチェックをする事が大切です。とは言っても素人さんが梯子を掛けて2階の屋根の状態が今現在どのようになっているのか、ってな事は実際問題不可能に近いと思います。

せめて3年に一度の目安で屋根業者に点検して貰う事を強くお勧め致します。

というのは、何らかの原因で傷んだり破損した物は放っておいても良くなりません。少しづつ進行していきます。仮に早期に対策を講ずれば少額で済んだのに、1~2年遅れでは更に金額が増えてしまいます。

屋根や外壁は厳しい真冬の寒さや真夏の灼熱の元で頑張っていますが、いつまでもベストの状態は続かないのです。

 

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

二連梯子かけ

今回は、以前現場調査に伺った、雨樋の端から雨水が流れ出してしまうお家の修理にいってきました。二連梯子を使用して、雨樋の吊り金具を取付及び調整をしていきます。職人さんに梯子を昇ってもらい、原因を探ってもらいます。今回の原因としては、雨樋の端に...........

お堂屋根

今回は、裾野市にある歴史ある、お堂の屋根塗装の見積もり依頼を受けて、現場調査に伺いました。天井にもシミがあるとのことなので、雨漏りの疑いもあるようです。このお堂は、区で使用している建屋なので区長様からの御依頼をいただきました。早速、現地につ...........

こんにちは!!今日の伊豆市は快晴で、9月なのにめっちゃセミがまだ鳴いてます。気温も過ごしやすい陽気です。さて、今日は伊豆市のアパートの水漏れ?漏水?が前々から起こっている現場の調査に行ってきます。