裾野市で壁の仕上げをしました。


前回は左官工事まで終わりました現場の続きです。
左官の養生も終わり最終仕上げに入っていきます。今回は壁が、玉ぶき柄ですのでまず、下塗りをしていきます。下塗りの材料は弾性の塗料を使いました。弾性の塗料を使うことで、もしも、外壁にヒビが入った時でも追従性があるので、防水の機能もある為です。
下塗が終わると、玉を作っていきます。わざと玉を作り、乾く位に潰して柄を作っていきます。柄をしっかりと乾かしたあとに中塗り塗装と、上塗り塗装をして完成になります。
外壁
外壁
今回の工事は窓の解体・設置に1日、外壁の左官処理が1日、モルタルを乾かす為の養生日が3日、下塗りと玉ぶき処理に1日、玉ぶきの養生に1日、仕上げの中塗り、仕上げ塗りに1日でした。今回は壁材がモルタルでしたので、約1週間ほどの工事でした。今回も無事に仕上がってよかったです。
外壁
外壁
中から見た窓です。

玉ぶき塗装とは、写真の様な柄を作る塗装で玉吹きを施された外壁は、凹凸の立体感が出て、より豪華な仕上がりとなります。
また外観上のメリットだけでなく、玉吹きすることで外壁そのものの強度も大幅にアップするという、実用的な利点もあるのです。玉吹きした後、吹き付けた後玉を平滑ローラーで潰す「ヘッドカット仕上げ」とそのまま仕上げる「吹きっ放し仕上げ」とあり、今回はヘッドカット仕上げになっています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金取替

カラーベスト葺きでは塗装表面が傷んでくると、当然塗替えとなります。写真のように屋根の雨水の流れる方向が異なる部分を棟といいます。その境はカラーベスト材を葺くことが出来ない為に、木下地でカラー鋼板材を加工した棟被せ材を取り付けて雨仕舞をします...........

片流れ

こんばんわ!降らない予報の雨が降りテンションが下がりました。でも、負けません!今日は片流れ屋根を紹介したいと思います。片流れ屋根とは呼んで字のごとく、片方1方に傾斜がある屋根です。実はこの屋根の形はメリットがいっぱいあるんです。まず、なんと...........

施工後

こんにちは!!今日は寄棟屋根についてご紹介をしていきたいと思います。寄棟屋根は、昨日ご紹介した切妻屋根の次に多いやねの種類になります。特徴としては、切妻屋根が2方向に対して寄棟屋根は4方向に屋根が流れているのが特徴です。傾斜が4方向になる為...........