裾野市の外壁補修をしました。


窓
窓
先日の続きの現場です。
ベースとなるコンパネを貼っていきます。厚みは12mmのコンパネです。
厚みを整え、次に防水シートを貼っていきます。このシートは名前の通り万が一外壁から水が入った場合に内部に浸透
するのを防いでくれます。窓の所にも水が差さないように防水テープでしっかりと施工していきます。右がすべて貼り
終わりました。
ここで1日目の作業は終了致しました。基本的には、解体から窓設置・開口部分の塞ぎ工事までを1日でやってしまいます。
あけたままだと泥棒に入られちゃいますからね(笑)
窓
30年前の建物は断熱材が入ってない場合が多いです。
窓
断熱材を隙間なく敷き詰めました。こうすることで、寒さを和らげることが出来ます。

こちらが中から見た写真です。
旧開口部分に新しく下地を間柱とコンパネで作り窓枠を設置しました。これだけでは寒いので断熱材も一緒に敷き詰めました。
これをすることで外からの寒い空気をシャットダウンします。ここからさらに断熱仕様のユニットバスが入りますので
さらに暖かくなります。塗装の話から少々外れてしまいました。

明日からは外壁をモルタルで仕上げて、塗装の工事に入っていきます。またご報告させて頂きます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

シーラー塗装

高圧洗浄も終わり、屋根材へと下塗りをしていきました。現在の塗料と新しく塗る塗料との密着性を高める為にとても必要な工程となります。下塗りを終えると、中塗りへと移行していきます。いよいよ仕上げの色にて塗っていくので、仕上がり具合が段々と見えてき...........

足場設置

まずは、足場を架けていきます。また、ベランダ側は脚立で施工できるので、今回は主に三方へと足場を架けていきます。但し、アルミ製のテラス屋根が大屋根の軒裏を隠しているので、そのポリカ屋根を一旦剥がして、塗装後に再度取り付けていきます。また階段が...........

目地破損

今回は、沼津市にある屋根と外壁のサイディング塗装の現場調査に行ってきました。以前、塗り替えたのも15年くらい前との事なので、多数傷みが出ていました。まずは、サイディングの表面の塗膜を手で擦ると白く手についてくる、いわゆるチョーキング現象と呼...........