裾野市の外壁補修をしました。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

窓
窓
先日の続きの現場です。
ベースとなるコンパネを貼っていきます。厚みは12mmのコンパネです。
厚みを整え、次に防水シートを貼っていきます。このシートは名前の通り万が一外壁から水が入った場合に内部に浸透
するのを防いでくれます。窓の所にも水が差さないように防水テープでしっかりと施工していきます。右がすべて貼り
終わりました。
ここで1日目の作業は終了致しました。基本的には、解体から窓設置・開口部分の塞ぎ工事までを1日でやってしまいます。
あけたままだと泥棒に入られちゃいますからね(笑)
窓
30年前の建物は断熱材が入ってない場合が多いです。
窓
断熱材を隙間なく敷き詰めました。こうすることで、寒さを和らげることが出来ます。

こちらが中から見た写真です。
旧開口部分に新しく下地を間柱とコンパネで作り窓枠を設置しました。これだけでは寒いので断熱材も一緒に敷き詰めました。
これをすることで外からの寒い空気をシャットダウンします。ここからさらに断熱仕様のユニットバスが入りますので
さらに暖かくなります。塗装の話から少々外れてしまいました。

明日からは外壁をモルタルで仕上げて、塗装の工事に入っていきます。またご報告させて頂きます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル屋根状況

今回は、以前よりお付き合いのあるお客様から、屋根点検の御依頼をいただき、調査に伺いました。最近は雨が多くて、なかなか見る事が出来なかったのですが、ようやく1日だけ晴れて実行できました。早速、屋根に上って現場調査していると、板金で作られている...........

沼津市 屋根の棟外れ

屋根部材の一部分のパーツです。本棟の被せで材質は金属板金です。屋根の一番高い部分に取り付けてあります。このパーツの小口部分が、まるで紙を破いたようにビリッと裂けています。薄くても鉄板です。その鉄板が、力が加わる所でも無いのにビリッと裂けてい...........

屋根調査

切妻屋根の金属瓦葺きで、棟の被せ板金が強風の影響で飛んでしまったそうです。飛んでしまった原因は様々ですが、人に当たって怪我をさせてしまわなかった事はせめてもの幸いです。飛んでしまった棟被せはジョイント部分の接合が不十分であった事。また下地の...........